歯の治療が多くの人に嫌がられる理由

歯の治療が多くの人に嫌がられる理由

歯の治療はお早めに〜大好きなチョコのため〜

歯が痛い。これほど辛いことはない。食事が美味しく食べれらない。大好きなチョコが美味しく食べられずに、むしろ食べると痛みを感じる。これほどの地獄はあろうか…。想像以上の苦痛である。気をつけて毎日歯を磨くようにはしていても、アルコールを飲んだ後は歯を磨くのを忘れたり、歯を磨くのが雑になったりすることがあり、歯が痛むことは人生で何度か訪れる。

私は6年前、歯の痛みとは直接関係はないが、口内にアフタ性口内炎が3つも出来てしまい、苦痛に耐えられずに歯科にて治療を受けることになった。その際に虫歯も幾つかあるとのことで「虫歯の治療もついでにしたらいいのではないか」と歯科医に言われた。正直、医療費も高いし、歯自体には痛みを感じなかったので虫歯の治療はしなくても良いかな…と自分では思っていた。しかし、ある言葉が頭をよぎった。

それは「虫歯を放置しておくな」ということだ。私の親戚の話になるのだが、昔虫歯の治療をしていた。しかし、仕事が忙しいなどの理由で治療が完全には済まないまま、そのまま歯科に行かず放置してしまったらしい。それから、時が経ちその親戚はある時強烈に歯が痛むようになったそうだ。すぐに歯科へ行くと昔に放置していた虫歯の影響で強烈に葉が痛むとのことだったらしい。更に歯を抜かなくてはならない事態にまで発展したとのことだった。この話を思い出したら、悪化しないうちに治療しておくのが一番かな、と思い虫歯の治療をしてもらった。「医療費が高い」とか「気になるほど歯は痛くない」と思わずに早い段階に治療するのが最善だと感じた。

Site Recommend